歯の黄ばみを取る方法

歯の黄ばみを取る方法に何があるの?

 

歯を白くしたいけれど予算はあまりない…という方も多いでしょう。そんな方たちでも、ご自宅で簡単に歯の黄ばみを落とせる方法があります。歯医者さんで本格的なホワイトニング治療を受けるよりも時間はかかってしまいますが、費用をかけずに気軽に出来る黄ばみ対策もあるのです。

 

●歯磨き粉と一緒にフッ素を使う

 

ホワイトニング専用の歯磨き粉もありますが、成分に研磨剤が使われている事も多く、磨き過ぎると歯の表面のエナメル質を傷めてしまいます。フッ素は歯の表面をコーティングしてくれるもので、ホワイトニング専用の歯磨き粉の後に使うといいでしょう。

 

●ホワイトニング歯磨き粉とフッ素併用するやり方って?

 

・いつもの歯磨き粉でブラッシングする
・ホワイトニング歯磨き粉で歯磨きする
・フッ素コートジェルを使う

 

●歯の消しゴムで汚れを落とす

 

煙草のヤニやコーヒーのステインは歯の表面につきやすいです。このような着色汚れをご自宅で落とすためにも、歯の消しゴムを使うと効果的でしょう。歯と歯の間が汚れてしまい、取りにくい場合にも使えます。

 

●歯の消しゴムの使い方

 

以下のような要領で歯の消しゴムを使っていきましょう。

 

歯と消しゴムの水気をとる

歯を優しくこする

水でうがいする

消しゴムが汚れてしまった場合は1ミリ程度カットする

 

大切なポイントは着色ある食べ物に気をつける事です。特にホワイトニング直後の2日間は特に色が付きやすく、色の濃い食べ物は控えるようにしましょう。煙草ももちろん控えた方がいいです。ホワイトニング後の白さをキープするためにも毎日のセルフケアが大切です。

 

●ホワイトニング後も日々のケアが必須

 

毎日の歯磨きを怠っていると、せっかくホワイトニングして綺麗になった歯にまた着色汚れがついてきてしまいます。これを防ぐためにも、毎日のケアは怠らないようにしましょうね。

 

A歯の黄ばみの取り方:歯磨き粉編

 

鏡を見て自分の歯が真っ白だったらとても気分がいいですよね。しかし逆に歯が黄ばんでいたら笑うのも恥ずかしくなってしまうのではないでしょうか。歯の黄ばみは歯磨き粉で取り除く事も可能です。それではどんな歯磨き粉を使うのがベターかご紹介していきましょう。

 

●歯の表面を修復してくれる歯磨き粉を選ぶ

 

普通の歯磨き粉でも歯の着色汚れを多少落とす事は出来ますが、普通の歯の黄ばみ原因であるステインや、その他着色汚れを磨いて落とす研磨剤が入っており、その効果で白く見えるようになります。このため研磨剤の入った歯磨き粉で磨き過ぎるとエナメル質は傷つき、下の象牙質が透けて見えて余計黄ばんで見えてしまうのです。

 

歯の表面が傷ついてしまう事で、汚れはさらに付着しやすくなるでしょう。歯の白さを取り戻すためにも歯の黄ばみを落とし、歯の表面をリカバー出来るような歯磨き粉を選びます。このためには研磨剤の入っていない歯磨き粉を使うといいのです。

 

●ハイドロキシアパタイトがよく効く

 

歯を白くしてくれる歯磨き粉の共通点と言えば、歯の表面のエナメル質を修復してくれるところです。エナメル質ケアに効果的なのが「薬用ハイドロキシアパタイト」です。この成分が歯の表面をスベスベにしてくれ、汚れをつきにくくしてくれるのです。歯本来の白さを取り戻すためにも効果的な歯磨き粉と言えるでしょう。

 

「薬用ハイドロキシアパタイト」の含有量が多い歯磨き粉を選ぶといいのです。このような歯磨き粉は歯医者さんでも扱っています。ハイドロキシアパタイトは歯の白さをキープしてくれ、歯磨き粉には欠かせない成分です。表面にあるミクロレベルの傷を修復してくれ、歯をツルツルでなめらかにしてくれるでしょう。エナメル質を修復し、汚れをつきにくくしてくれます。

 

「ハイドロキシアパタイト」は、歯本来の白さを取り戻す事の出来る作用があり、この成分が配合された歯磨き粉を使う事によって家で歯の黄ばみが解消出来るのです。

 

B歯の黄ばみの取り方:歯ブラシ編

 

歯の黄ばみ原因は「ステイン」によるものです。煙草やお茶を飲む事によってつきやすい着色汚れです。歯の黄ばみは歯医者さんに行かなくてもご自分で取り除くことが出来ます。ブラッシングもホワイトニングケアとして重要です。歯の黄ばみ予防や解消には歯ブラシでブラッシングする事が基本となるでしょう。歯磨き粉で黄ばみを取り除く方法もありますが、歯磨き粉の成分だけでは実際なかなか困難です。歯ブラシを変えると全然違うと言います。それでは歯の黄ばみを取り除きたい時、どのような歯ブラシを使うのがいいのでしょうか。

 

●歯ブラシ選びのポイント

 

・毛の形は平らなもの
・歯茎を傷つけない
・かたさは普通〜柔らかめ
・ヘッドは小さいもの
・歯垢がしっかり落とせる

 

ちなみに毛の形状は平たいものを選ぶといいのは、歯垢をしっかり落とせるからです。歯垢がたまりやすい歯と歯肉の境目を磨くのに合っています。歯ブラシだけではなかなか落としきれない歯垢もあるので、このようなものはデンタルフロスを使って落とすといいでしょう。

 

●重層を使うとより効果的

 

ただ歯ブラシで歯を磨くのではなく、重層を歯ブラシにひとつまみかけるだけでも効果的です。重層をつけた歯ブラシで磨いた後は軽く口をゆすぎましょう。

 

●ホワイトニングペンを使うという選択肢

 

塗るだけでも簡単に歯を白く出来るホワイトニングペンというのがあります。持ち運び便利なので、今日は大事な商談がある、大事な人と会うなど何か特別な時に利用してみるといいでしょう。お値段は一本2500円で安くないですが、緊急に白くしたい時などにサクっと使えて便利です。

 

●歯の消しゴムも意外といい!

 

歯ブラシで歯の汚れを落とすのもいいですが、歯の消しゴムを使って落とすのもいいでしょう。ただし正しい使い方をしなければ傷つけてしまう恐れがあります。たくさんこすればそれだけ白くなるわけではありません。磨き過ぎは歯を白くするばかりは、逆に黄ばみやすくなってしまう事があるので注意しましょう。

 

C歯の黄ばみの取り方:ホワイトニング編

 

白い歯の人は好印象ですよね。逆に歯が黄ばんでいると不健康な印象に見えてしまいま。自分でも過度に気になってしまい、うまく笑えないなんて事もあるかもしれませんね。そんな時でも歯の黄ばみの取り方を知っていれば大丈夫です。そこで今回は歯医者さんに行かなくても出来る、歯の黄ばみの取り方をお教えします。ぜひご参考にしてみてください。

 

●重曹を使う

 

重層を使うと歯の黄ばみが効率よく取れるでしょう。重層は危険では?と心配かもしれませんが、重層はお菓子や食品にも使われているので安全に使えるでしょう。掃除にも使われるくらい綺麗にしてくれる重層なので、歯の黄ばみを綺麗に落とすのにも効果的なのです。

 

●おすすめの歯磨き粉「オーラパール」を使う

 

ご自宅で歯の黄ばみを落としたいと思ったら、歯磨き剤としてオーラパールを使ってみてください。日本初の美白成分と歯周病予防成分の二つが同時に配合されています。ただのホワイトニング歯磨き粉ではないので、
・口臭予防
・歯茎引き締め
・歯周病対策
・黄ばみ対策
・色素沈着予防
・殺菌
などトータルケアが出来るでしょう。ご家庭に一つあるだけでも便利に使えます。

 

●レモン汁で口をゆすぐ

 

レモンには漂白作用もあるので、レモン汁を口に含んでゆすぐと多少歯の着色汚れは落とせるでしょう。レモンは酸性なので、レモン汁でゆすいだ後は水でしっかりと口をゆすいでおきましょうね。

 

●オレンジの皮もよく効く

 

意外にもオレンジの皮も歯の黄ばみによく効きます。オレンジの皮の内側は白くなっていますよね。この部分が歯の黄ばみに効果的なのです。歯の黄ばみにあててマッサージしましょう。オレンジのカルシウムやビタミンCで細菌を取り除いてくれます。継続してケアしていってくださいね。

 

●まとめ

 

黄ばみの原因のほとんどが口に入れる飲食物です。遺伝や生まれつきの体質でもともと黄ばんでいるケースもありますが、多くが色の濃い食べ物を頻繁に食べている、煙草をよく吸うなどの原因が積み重なって黄ばんでいきます。上記の方法をご参考に、ぜひご自宅でホワイトニングケアしてみてくださいね。

 

D歯医者に行くと歯の黄ばみはとれる?

 

歯の黄ばみをとるためにあまりお金をかけたくないという方もいらっしゃいますが、もしも予算が許すなら歯医者でホワイトニング治療を受けて黄ばみを改善する事も出来ます。歯の黄ばみをとるには歯医者に通う方法とご自宅でケアする方法の二つありますが、今回は歯医者さんで治療する方法をご紹介しましょう。

 

●歯医者でも歯の黄ばみは取れる!

 

歯医者に行って本当に歯の黄ばみが取れるのだろうか?と心配する声もありますが、期間には個人差があるものの、だんだん白くなっていくでしょう。むしろご自宅でケアしているよりも時間はかからず効果も高いです。その分費用がかかるというのがネックになってきますが、歯医者さんでも黄ばみをしっかりとる事は十分出来るでしょう。

 

●ホームホワイトニングを受ける

 

歯医者さんでやるホワイトニングといっても、実質的には家でマウスピースを使って白くする方法となります。歯医者さんでは歯型をとり、ぴったり合うマウスピースを作ってもらうのです。そしてマウスピースにホワイトニング効果のある薬剤を入れ、ご自宅で一定時間口にはめてケアしていきます。使用される薬剤は過酸化尿素ですが、効果は過酸化水素とほとんど同じです。安全性も考え、オフィスホワイトニングよりも低濃度の薬剤を使ってじっくり時間をかけて白くしていきましょう。

 

●歯医者さんでオフィスホワイトニング

 

歯医者で受けるホワイトニング治療の中には「オフィスホワイトニング」というのがあります。オフィスホワイトニングはホームホワイトニングとは異なり、一定期間歯医者さんに通わなければいけません。そのため費用以外にも時間や手間がかかるので、ある程度余裕がある時期を選ぶといいでしょう。自宅から通いやすい歯医者を選んでおくと便利です。オフィスホワイトニングは基本的に、高濃度の過酸化水素を使うので短期で歯を白くしていけます。

 

E歯の黄ばみの原因となりやすい食べ物、飲み物に注意

 

歯の黄ばみ原因はあなたが普段飲食しているものの場合が多いです。生まれつきの場合もありますが、着色汚れのつきやすいものを食べてばかりいると、後天的に歯が黄ばんできてしまうでしょう。それではどのような食べ物や飲み物に注意していくべきなのかご紹介していきましょう。

 

●歯を黄色くさせる飲み物

 

・コーヒー
・紅茶
・緑茶
・ウーロン茶
・ココア
・赤ワイン
・ジュース(オレンジジュースなど)

 

基本的に色のついたお茶やジュースは歯に色がつくと考えていいです。もちろん透明な水であればいくら飲んでも黄ばむ事はありません。毎日同じコップでコーヒーなど飲んでいると、コップの内側に茶色のシミのようなものが出来てきますよね。このようにカップに色がついてきてしまうものは歯にも色がついてきてしまう証拠です。

 

ちなみに紅茶とコーヒーだったらコーヒーの方が色が濃いので黄ばみそうですが、実は紅茶の方が歯が黄ばみやすいです。それは紅茶には「タンニン」という成分が豊富で、この成分が歯を黄色くさせてしまうからです。もちろんコーヒーも飲み過ぎていたらやはり黄色くなってきます。コーヒーやココアなどカフェインが多く含まれる飲料は歯が黄ばみやすいと覚えておくといいでしょう。気休めでもいいので、上記のような飲料を飲んだ後はすぐ歯磨きする習慣をつけておきましょう。

 

●歯が黄ばみやすい食べ物

 

・カレー
・ミートスパゲッティ
・ナポリタン
・シチュー
・デミグラスソース
・チョコレート
・醤油
・ソース

 

基本的に色の濃い食べ物は黄ばみ原因となりやすいです。カレーが代表例ですが、トマトを使った料理も黄ばみやすいです。また料理だけでなく、料理に使われるソースや醤油などの調味料も歯の黄ばみに影響してくるので気をつけましょう。

 

更新履歴